最新 地震 情報。 地震情報:朝日新聞デジタル

海外の地震情報 (日付の新しい順)

情報 最新 地震 情報 最新 地震

25) 熊本地震で起きた土砂崩れは、阿蘇山西側の麓の 布田川 ( ふたがわ )断層帯近くに集中していることが、国土地理院の調査でわかった。

2

海外の地震情報 (日付の新しい順)

情報 最新 地震 情報 最新 地震

0 ニューギニア付近 パプアニューギニア、ニューギニア M7. 0 ニューギニア付近 パプアニューギニア、ニューアイルランド M7. 分布図によると、1ヘクタール以上の大規模な土砂崩れが約50か所、0・1~1ヘクタールの小規模な土砂崩れが数百か所あった。 遠田教授は「影響は阿蘇地方や大分県など広域に及んでいるほか、その後に発生した規模の大きな地震の影響で、さらに地震が起きやすくなっているため注意して欲しい」と指摘しました。

海外の地震情報 (日付の新しい順)

情報 最新 地震 情報 最新 地震

ひずみは潜り込みに引きずられた陸のプレートに蓄積し、元に戻ろうとする時に地震が発生する。 ーーー海上保安庁(28. ーーーNHK(28. 死因は圧死や窒息が大半を占めており、多くの人が強い揺れによって倒壊した家屋や土砂の下敷きになったとみられる。 24 南海トラフ想定震源地域のひずみ分布状況・海上保安庁(28. 19) 16日のマグニチュード7.3の大地震のあと、九州の広い範囲でほかの活断層にひずみが加わり、地震が起きやすくなっている可能性があることが、専門家の解析で分かりました。

2

大地震の起こる可能性情報 P.9

情報 最新 地震 情報 最新 地震

同地震は、海のプレートが陸のプレートの下に潜り込む境界で起きる。 18日も午前4時44分ごろに、熊本県熊本地方を震源とするマグニチュード3.8の地震があり、熊本県宇城市で震度4の揺れを観測しています。

地震情報:朝日新聞デジタル

情報 最新 地震 情報 最新 地震

 以前から予測されていた 以前から予測されていた沈み込む海山やゆっくり地震 (注) の活動域と の活動域と ひず みの弱い領域が合致すること、初めて実際に確認された(図3)。 こうした地域で、耐震性の低い木造家屋にいた人が被害に遭いやすかったのではないか」と推測する。

17

海外の地震情報 (日付の新しい順)

情報 最新 地震 情報 最新 地震

この付近には「布田川断層帯」と呼ばれる活断層があり、国土地理院では、ずれ動いた断層を周辺の地殻変動のデータと地震の規模を示すマグニチュードから推定しました。 死因別では、圧死や窒息、外傷性窒息死とされた人が計約30人に上った。

2

大地震の起こる可能性情報 P.9

情報 最新 地震 情報 最新 地震

また1557人がけがをしたということです。 写真をもとに土砂崩れが起きた場所の分布図を作成した。

海外の地震情報 (日付の新しい順)

情報 最新 地震 情報 最新 地震

ひずみの場所はほぼ、政府が南海トラフ巨大地震の震源域として想定する範囲内。

1

地震情報:朝日新聞デジタル

情報 最新 地震 情報 最新 地震

強ひずみ域は、想定東海地震の震源域やマグニチュード(M)8.0だった1946年南海地震の震源域からさらに南西側に広がっていた。